私の出会ったポルトガル : アライオロシュのじゅうたん刺繍を訪ねて

梅基まどか 著

ポルトガルに惹かれるのは、「何事も変わらない、変えない精神が、人々の根底にあるから」卒業論文で初めて興味を持ったポルトガル。ツアー旅行で感じた居心地の良さと親しみやすさ。日本のカルチャーセンターで出会ったポルトガル刺繍(アライオロシュ刺繍)のやさしい色合いと風合い。留学して触れた、ポルトガルのやさしさと魅力を余すことなく伝える滞在記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 語学学校に通った日々の、悲喜こもごも(アライオロシュじゅうたんとの出会い
  • いよいよ始まったリスボン生活
  • 登校初日のドア騒動
  • 料理の注文にも意思表示を ほか)
  • 第2章 アライオロシュにじゅうたん刺繍の源流を求めて(アレンテージョの誇る街-アライオロシュ
  • アートギャラリーのごとき場所に、宿を取った幸せ
  • 街歩きしてたどる、じゅうたん刺繍の歴史
  • フランシスコと歩いた最後の夕暮れ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の出会ったポルトガル : アライオロシュのじゅうたん刺繍を訪ねて
著作者等 梅基 まどか
書名ヨミ ワタクシ ノ デアッタ ポルトガル : アライオロシュ ノ ジュウタン シシュウ オ タズネテ
出版元 星雲社
風詠社
刊行年月 2012.6
ページ数 79p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16808-6
全国書誌番号
22133428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想