社会保障改革への提言

橘木俊詔, 同志社大学ライフリスク研究センター 編

日本の社会保障制度は何が問題で、何が求められているのか。本書では、現在論議されているベーシック・インカム論の導入について冷静に検討し、また現代において政策論議の先端にいる介護、子育て、女性の社会保障などのテーマを取り上げ、政策提言をする。さらに、外国における社会保障改革から、日本が学べる点があるかを探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ベーシック・インカム論をどう捉えるか(ベーシック・インカムに関する意識調査-人々はどのように考えているか
  • 新しい福祉システムを導入するに際して考慮すること-ベーシック・インカムを支持するのはどういう人か
  • 雇用の希少性と人間の尊厳-ロナルド・ドーアとベーシック・インカム)
  • 第2部 社会保障改革の新しい動き(「参加と連帯のセーフティネット」を支えるコスト
  • ジェンダーから社会保障を考える
  • 介護パターンの最適性と介護サービス選択行動
  • 多様な働き方と子どもをもつこと)
  • 第3部 諸外国からの教訓(アメリカ医療制度改革-起きたことと起きるべきであったこと
  • イギリス社会保障の展開-新旧のリスクへの対応をめぐって
  • 韓国における社会政策のジレンマ-「後発」福祉国家における新しい社会的リスク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会保障改革への提言
著作者等 同志社大学ライフリスク研究センター
橘木 俊詔
書名ヨミ シャカイ ホショウ カイカク エノ テイゲン : イマ ニホン ニ ナニ ガ モトメラレテ イル ノカ
書名別名 いま、日本に何が求められているのか

Shakai hosho kaikaku eno teigen
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.6
ページ数 225p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06348-2
NCID BB09523417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想