日露戦争史  1

半藤一利 著

国はどのように戦争に至るのか?人はなぜ戦争を始めるのか?近代日本に決定的な転機をもたらした日露戦争を詳細に描く大作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 明治三十七年二月四日
  • 第1章 日英同盟が結ばれた日
  • 第2章 不可解!ロシアの背信
  • 第3章 世論沸騰「断乎撃つべし」
  • 第4章 対露作戦計画成れり
  • 第5章 いざ開戦、そして奇襲攻撃
  • 第6章 旅順港外戦と鴨緑江突破戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争史
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ ニチロ センソウシ
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 2012.6
ページ数 390p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-45443-7
NCID BB0959527X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想