唐古・鍵遺跡

藤田三郎 著

[目次]

  • 1 再開された唐古遺跡の調査
  • 2 唐古遺跡を探索した人びと
  • 3 唐古・鍵遺跡の古環境と弥生時代の奈良盆地
  • 4 遺跡調査のあゆみ
  • 5 弥生集落の変遷と構造
  • 6 さまざまな出土遺物
  • 7 周辺の弥生遺跡と唐古・鍵遺跡の特質
  • 8 唐古・鍵弥生集落のその後と現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐古・鍵遺跡
著作者等 藤田 三郎
書名ヨミ カラコ カギ イセキ
シリーズ名 日本の遺跡 45
出版元 同成社
刊行年月 2012.6
ページ数 194p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88621-589-5
NCID BB09455758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想