20世紀ロシアの農民世界

野部公一, 崔在東 編

[目次]

  • 第1部 20世紀ロシア農村(ロシアにおける20世紀の歴史的変動と農民意識の変容)
  • 第2部 集団化前の農村-歴史の連続と断絶(20世紀初頭ロシア農村社会におけるゼムストヴォ防災事業
  • 国家・医師・農民-革命前ロシアにおける農村医療・保健史序説
  • 「赤色テロル」と1922年の教会弾圧
  • 1920年代のソ連の計画経済論における市場像-コンドラーチェフの計画化論の再検討
  • ネップ農村における社会的活動性の諸類型-村アクチーフとしてのセリコル)
  • 第3部 集団化と農村-農村の大転換(「犂から鞄へ」-脱農民化過程における農村のコムニストとコムソモール員(1920年代から1930年代初頭)
  • 1930年代初めのソ連における飢饉発生のメカニズム
  • 権力による名称付与の帰結としての「クラーク」
  • 1930年代の後期のコルホーズにおける定款違反と雇用労働力の利用
  • チェチェン・イングーシにおけるソヴェト民族政策の一側面-イングーシにおける領土問題の起源を中心に)
  • 第4部 脱集団化と農村-諸問題の源流を求めて(ロシア農村におけるインフォーマル就労と農外雇用-経済成長下での個人副業経営の役割の変容
  • 旧ソ連諸国における農業改革-多様化する農業構造と農業生産の変貌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀ロシアの農民世界
著作者等 崔 在東
野部 公一
書名ヨミ ニジッセイキ ロシア ノ ノウミン セカイ
書名別名 Nijisseiki roshia no nomin sekai
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.6
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2205-4
NCID BB09515226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想