キリスト教の精神とその運命

G・W・F・ヘーゲル 著 ; 細谷貞雄, 岡崎英輔 訳

弁証法論理の原初形態としてイエスの「愛」による主客の止揚が打ち出され、その愛自体が運命の必然によって乗り越えられてゆくことを示した若きヘーゲルの記念碑的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 愛と疎外のドラマ
  • 第1章 ユダヤ教の精神とその運命
  • 第2章 イエスの登場 その道徳
  • 第3章 律法と罰 愛による運命との和解
  • 第4章 イエスの宗教
  • 第5章 イエスの運命
  • 第6章 キリスト教団の運命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教の精神とその運命
著作者等 Hegel, Georg Wilhelm Friedrich
岡崎 英輔
細谷 貞雄
ヘーゲル G.W.F.
書名ヨミ キリストキョウ ノ セイシン ト ソノ ウンメイ
書名別名 Der Geist des Christentums und sein Schicksal

Kirisutokyo no seishin to sono unmei
シリーズ名 白水iクラシックス
出版元 白水社
刊行年月 2012.7
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-560-09606-2
NCID BB09575771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想