白川静著作集  別巻3下1 (甲骨金文学論叢 下1)

白川静 著

商周史鳥瞰のための関鍵となる諸論考。下巻は二分冊とし、下1巻には「殷代雄族考」六篇及び「媚蠱関係字説」「罪辜関係字説」の二篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 6集(殷代雄族考・其二・雀
  • 毀代雄族考・其三・〓)
  • 7集(殷代雄族考・其四・肅
  • 殷代雄族考・其五・皋
  • 媚蠱関係字説-古代社會における呪術儀禮の一面)
  • 8集(殷代雄族考・其六・〓
  • 殷代雄族考・其七・戉
  • 罪辜関係字説-主として中國古代における身體刑について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白川静著作集
著作者等 白川 静
書名ヨミ シラカワ シズカ チョサクシュウ
巻冊次 別巻3下1 (甲骨金文学論叢 下1)
出版元 平凡社
刊行年月 2012.6
ページ数 p533~1017
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-40380-0
NCID BA85997694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想