フロイトとベルクソン

渡辺哲夫 著

ジークムント・フロイト(1856‐1939年)とアンリ・ベルクソン(1859‐1941年)-ウィーンとパリで同じ時代を生きた二人は、ピエール・ジャネやウィリアム・ジェイムズらとともに同じ知のネットワークに属していたばかりか、同じ対象に関心を抱き、独自の思索を展開した末、対極から同じ領域に迫ろうとした。しかし、彼らには直接の交流はおろか、著作での言及も皆無に等しい。この謎めいた事実は何を意味するのか-前人未踏の困難な問いに挑み、二人の知の巨人を隔てる深淵に肉薄する、渾身の書き下ろし論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生
  • 第2章 夢
  • 第3章 抑圧
  • 第4章 自我
  • 第5章 進化
  • エピローグ エスが企てる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイトとベルクソン
著作者等 渡辺 哲夫
書名ヨミ フロイト ト ベルクソン
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 291,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024672-9
NCID BB0953200X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想