処女峰アンナプルナ : 最初の8000m峰登頂

モーリス・エルゾーグ 著 ; 近藤等 訳

1950年6月5日、エルゾーグを隊長とするフランス登山隊は、標高8091メートルのアンナプルナ頂上に人類初の足跡を印した。未知の山域で、幾多の偵察を重ねた上での歓喜の登頂。しかし遅すぎた登頂の代傷として、下山中に嵐につかまり、隊員たちは生死の境をさまようことになる。初登頂を支えた隊員たちの友情と、生還に向けての凄惨な脱出行を描いた不朽の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発準備
  • ヒマラヤ
  • 知られざる渓谷
  • ダウラギリ東氷河
  • アンナプルナを求めて
  • 作戦会議
  • ミリスティ・コーラ
  • 北西ピーク
  • アンナプルナ
  • 第二キャンプ
  • 突撃
  • 一九五〇年六月三日
  • 氷雪の割れ目
  • なだれ
  • 撤退
  • レテの森
  • 稲田のなかの行軍
  • ゴラクプール
  • 他のアンナプルナがある

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 処女峰アンナプルナ : 最初の8000m峰登頂
著作者等 Herzog, Maurice
近藤 等
エルゾーグ モーリス
書名ヨミ ショジョホウ アンナプルナ : サイショ ノ ハッセンメートルホウ トウチョウ
書名別名 ANNAPURNA.PREMIER 8.000

Shojoho annapuruna
シリーズ名 ヤマケイ文庫
出版元 山と渓谷社
刊行年月 2012.7
ページ数 377p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-635-04743-2
NCID BB10855039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想