忘却に抵抗するドイツ = ERINNERUNGSKULTUR IN DEUTSCHLAND : 歴史教育から「記憶の文化」へ

岡裕人 著

東西統一による二重の過去、EU統合と経済危機、移民問題、兵役廃止、脱原発。次世代へ、希望を育む「記憶の文化」。在独22年の歴史研究者が、挑戦しつづけるドイツを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶を伝える(歴史の授業-第三帝国(ナチス政権時代)を学ぶ
  • ホロコーストの課外授業『ゲルダの沈黙』
  • 市民に伝える記憶)
  • 第2章 記憶は変わる(戦後二つのドイツの記憶と歴史認識の変化
  • 統一ドイツと冷戦後のヨーロッパの記憶)
  • 第3章 記憶と対話(ゲオルク・エッカート国際教科書研究所を訪ねて
  • ドイツ・ポーランド教科書対話をたどる 移りゆく時代とともに)
  • 第4章 記憶と未来-課題と挑戦(記憶と平和
  • 記憶と統合
  • 記憶を未来に伝える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘却に抵抗するドイツ = ERINNERUNGSKULTUR IN DEUTSCHLAND : 歴史教育から「記憶の文化」へ
著作者等 岡 裕人
書名ヨミ ボウキャク ニ テイコウ スル ドイツ : レキシ キョウイク カラ キオク ノ ブンカ エ
書名別名 ERINNERUNGSKULTUR IN DEUTSCHLAND

Bokyaku ni teiko suru doitsu
出版元 大月書店
刊行年月 2012.6
ページ数 199,8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-272-41217-4
NCID BB0965438X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想