三国志40人の名脇役

渡辺精一 著

三国志演義-この壮大な人間ドラマは、ひと握りの英雄=主役だけでは語れない。そこにはあらゆる生きかたのタイプが鮮やかに描き分けられている。主役と脇役の運命が触れあう数々の名場面。劉備でも諸葛孔明でも曹操でもない、ワキの視点から新たに読み解く、画期的な「三国志」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近くて遠い主役の座(張角-宗教カリスマの野望と誤算
  • 董卓-権力こそ使いかた次第 ほか)
  • 2 脇に徹した生きかた(張遼-泣く子も黙る猛将軍
  • 貂蝉-大物二人を手玉にとった歌姫 ほか)
  • 3 名参謀の条件(陳宮-公けのために抑えられてしまった私情
  • 田豊-ついに噛み合うことのなかった主従の感覚 ほか)
  • 4 乱世に個性を貫く(華佗-志とは違った?伝説の名医
  • 司馬徽-隠士「水鏡先生」、劉備を煙にまく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三国志40人の名脇役
著作者等 渡辺 精一
書名ヨミ サンゴクシ ヨンジュウニン ノ メイワキヤク
シリーズ名 三国志演義
出版元 二玄社
刊行年月 2012.6
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-544-05152-0
NCID BB09628572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想