光太郎智恵子うつくしきもの : 「三陸廻り」から「みちのく便り」まで

高村光太郎, 北川太一 著

石巻・金華山・女川・気仙沼・釜石・宮古-その三陸を巡る旅は、智恵子との終の棲家を求める旅でもあった。そして二人の「東北」への憧憬は、今を生きる私たちへのメッセージへと昇華する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「三陸廻り」(三陸廻りルート地図
  • 石巻
  • 牡鹿半島に沿いて
  • 金華山
  • 雲のグロテスク
  • 女川港
  • 女川の一夜
  • 気仙沼
  • 夜の海
  • 釜石港
  • 宮古行)
  • 「三陸廻り」から「みちのく便り」まで
  • 「みちのく便り」
  • 「みちのく便り」その後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光太郎智恵子うつくしきもの : 「三陸廻り」から「みちのく便り」まで
著作者等 北川 太一
高村 光太郎
書名ヨミ コウタロウ チエコ ウツクシキ モノ : サンリクメグリ カラ ミチノクダヨリ マデ
書名別名 Kotaro chieko utsukushiki mono
出版元 二玄社
刊行年月 2012.6
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-544-03046-4
NCID BB09816798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想