武士という身分 : 城下町萩の大名家臣団

森下徹 著

経済が発展し、町人の成長も著しかった江戸社会に、戦士でありつづけたのか官僚化していたのか。城下町での存在形態を通して、実像に即した大名家臣団の姿にアプローチ。勤番の仕組みや役所の勤務実態が明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 武士の身分集団-プロローグ
  • 「平和」な時代の家臣団
  • 寄生化する家臣たち
  • 役所勤めの世界
  • 城下町からみた家臣団
  • 武士集団と近世社会-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士という身分 : 城下町萩の大名家臣団
著作者等 森下 徹
書名ヨミ ブシ ト イウ ミブン : ジョウカマチ ハギ ノ ダイミョウ カシンダン
書名別名 Bushi to iu mibun
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 347
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.7
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05747-9
NCID BB09441888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想