旅するモンテーニュ

斎藤広信 著

『エセー』の著者ミシェル・ド・モンテーニュが約一年半をかけてヨーロッパ諸国を実見した記録である『旅日記』の行程をつぶさに追い、ルネサンス期の文化・自然・都市の風景を再構成する。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 モンテーニュとその時代
  • 第1章 旅の始まり-フランス東部の旅(シャンパーニュ、ロレーヌ)
  • 第2章 スイス、ドイツの旅-ミュルーズからボルツァーノまで
  • 第3章 イタリアの旅-トレントからローマまで
  • 第4章 ローマ滞在記-憧れの都に逗留
  • 第5章 ロレート参詣と湯治日記-ローマからロレートを経てルッカへ
  • 第6章 トスカーナ巡遊、そして旅の終わり-ルッカからローマ、一路帰国の途に
  • 第7章 帰国後のモンテーニュ-『エセー』出版と市長選任をめぐって
  • 終章 モンテーニュと"旅"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅するモンテーニュ
著作者等 斎藤 広信
書名ヨミ タビスル モンテーニュ : ジュウロクセイキ ヨーロッパ キコウ
書名別名 十六世紀ヨーロッパ紀行
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.6
ページ数 252,14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-49027-9
NCID BB09526663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想