特攻基地知覧始末記 : 特攻隊員異聞

佐藤早苗 著

太平洋戦争末期、退勢を挽回するために最後の手段として敢行された百死零生の「特攻作戦」-知覧基地を飛び立ち、開聞岳を越えてみずから肉弾となって散っていた若き特攻兵たちの真実に迫る。「還らなかった特攻隊員」に焦点をあて、その素顔を通して日本の特攻と戦争を見つめなおし、現代に語り伝える感動作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 還らざる特攻兵
  • 第1章 二つのマフラー
  • 第2章 右側二本目の桜
  • 第3章 後に続くものを信ず
  • 第4章 少年兵の留魂録
  • 第5章 靖国職社で会おう
  • 終章 ブラジルからの手紙
  • 付1 戦争と防衛
  • 付2 平和の代償

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特攻基地知覧始末記 : 特攻隊員異聞
著作者等 佐藤 早苗
書名ヨミ トッコウ キチ チラン シマツキ : トッコウ タイイン イブン
シリーズ名 光人社NF文庫 さN-743
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2012.7
ページ数 232p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7698-2743-6
NCID BB10840698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想