オアシスの熱い闇

アビー・グリーン 作 ; 小林ルミ子 訳

隣国のスルタンの誕生日パーティで、ジャミーラは初恋の人に再会した。少女時代から心ひそかに憧れていたシーク・サルマン-。5年前にジャミーラを誘惑して純潔を奪い、残酷に別れを告げた男。彼は今も悪名高いプレボーイとして自堕落な生活を送っているらしい。いいかげんに彼のことなど忘れようと決意したところだったのに…。目が合った瞬間、サルマンは苦痛を感じたように顔をゆがめたが、すぐにけだるげなまなざしでジャミーラの体を見下ろした。「君はあのときも美しかったが、今は成熟してあでやかな美女になった」値踏みするような態度に怒りを覚えて激しい口論になったのもつかの間、焼き印のように熱いキスでジャミーラは唇をふさがれた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オアシスの熱い闇
著作者等 Green, Abby
小林 ルミ子
グリーン アビー
書名ヨミ オアシス ノ アツイ ヤミ
書名別名 SECRETS OF THE OASIS
シリーズ名 ハーレクイン・ロマンス R2754
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2012.7
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 978-4-596-12754-9
全国書誌番号
22093926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想