日本語を味わう名詩入門  9

萩原 昌好【編】

ともに北原白秋門下で、年齢も近く、友だち同士だった萩原朔太郎と室生犀星。大正から昭和にかけての詩壇に新風を巻き起こした二人の詩人の作品を味わってみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 萩原朔太郎(『月に吠える』序文より
  • 旅上
  • 蛙の死
  • 沖を眺望する ほか)
  • 室生犀星(『愛の詩集』自序より
  • 小景異情・その二
  • 朝の歌
  • 愛あるところに
  • 郊外の春 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語を味わう名詩入門
著作者等 室生 犀星
萩原 昌好
萩原 朔太郎
長崎 訓子
書名ヨミ ニホンゴ オ アジワウ メイシ ニュウモン
書名別名 萩原朔太郎室生犀星

Nihongo o ajiwau meishi nyumon
巻冊次 9
出版元 あすなろ書房
刊行年月 2012.6
ページ数 103p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7515-2649-1
NCID BB10529771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22096008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
萩原朔太郎室生犀星 室生犀星, 萩原昌好, 萩原朔太郎, 長崎訓子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想