断絶と連続 : 私説《八月十五日》前後

渡辺淳 著

青春を徴兵に奪われた者の敗戦による断たれたものと連綿と継続するものへの思い…。悪しき"連続"への警鐘となり得るか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 八月十五日以前-"関東大震災"の頃から"十五年戦争"まで(前史-旧制高校入学まで
  • 高校生活から大学入学即入隊
  • 軍隊生活)
  • 第2部 八月十五日以後-占領から日米平和条約・安保改定まで(前史-占領と民主主義そして私生活のこと
  • アカデミズムの周辺で
  • 演劇界の再出発
  • ジャーナリズムの周辺で)
  • "終り"即"始まり"のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 断絶と連続 : 私説《八月十五日》前後
著作者等 渡辺 淳
書名ヨミ ダンゼツ ト レンゾク : シセツ ハチガツ ジュウゴニチ ゼンゴ
書名別名 Danzetsu to renzoku
出版元 未知谷
刊行年月 2012.6
ページ数 151p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89642-379-2
NCID BB10267052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想