見て見ぬふりか、ゲンコツか : ときに「痛い目」が子供を救う!

田中國明 著

これからの社会は、ひ弱でモロい精神力の持ち主など求めていない。ということは、親や教師は、社会が求めるレベルの強い精神力を、子供たちに身につけさせるべきではないのか。たくましい精神力こそが、生き残りの重要なキーワードだ。もし、その方法の一つが、殴ることなどの暴力であっても、子供たちが、社会から弾き出されるよりはマシではないか-。その親の姿勢こそが結果として子供のためになるのだ。たくましい子供に育てるための「優しさ」を問う!世の親、教育者のための1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゲンコツが「頑張るくせ」を生み出す(バスケットボール賛歌
  • 「亀」から「殺人者」になりかけた ほか)
  • 第2章 「誉めて伸びる」なら苦労はいらない(生涯でたった1度!父兄へのゲンコツ
  • 「傷害で警察に訴えちゃるけんのォー」 ほか)
  • 第3章 「その先の一歩」を生きるために(もう一つ別の「青春の門」
  • 「僕は勉強します」の強い意志 ほか)
  • 第4章 勝つために、やっていいこと悪いこと(逸材!田臥勇太とわが校
  • 高校スポーツの節度とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見て見ぬふりか、ゲンコツか : ときに「痛い目」が子供を救う!
著作者等 田中 國明
書名ヨミ ミテ ミヌ フリ カ ゲンコツ カ : トキ ニ イタイメ ガ コドモ オ スクウ
シリーズ名 ヒューマン文庫 タ-18-1
廣済堂文庫 タ-18-1
出版元 廣済堂
刊行年月 2012.7
ページ数 246p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-65491-0
NCID BB16938310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想