仮面の下の純潔

キャロル・モーティマー 作 ; 山本翔子 訳

妹を亡くして10カ月、テンプラーは姪のケリを引き取って育ててきたが、一人ではもう面倒を見きれず、住む部屋からも立ち退きを迫られていた。テンプラーは妹が残した手紙から、ケリの父親らしい相手を探しあて、すがる思いでアレックスというその男性に手紙を書いて送った。だが、やってきたのはアレックスの兄のレオンで、弟はすでに亡くなったと知らされる。さらにレオンはケリを見てアレックスとテンプラーの娘だと思い込み、弟の唯一の子供を育てるために、彼女と結婚するとまで言いだした。もし拒否するなら、ケリだけ引き取ると脅しめいた言葉さえ口にして。こんな敵意に満ちた冷たい男性に、幼い姪を託せるはずがない…。テンプラーは自分が母親でないことを隠し、結婚に応じるしかなかった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮面の下の純潔
著作者等 Mortimer, Carole
山本 翔子
モーティマー キャロル
書名ヨミ カメン ノ シタ ノ ジュンケツ
書名別名 DECEIT OF A PAGAN
シリーズ名 ハーレクイン・ロマンス R2758
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2012.7
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 978-4-596-12758-7
全国書誌番号
22093980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想