福島飯舘村の四季

烏賀陽弘道 著

あまりに美しい自然。ただそこには、人間だけが存在しない。放射能被曝を象徴する村が映し出す日本の真実。フクシマを問い続ける著者渾身の現地ルポ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夏-汚染された村の記憶
  • 秋-原発事故が破壊したもの
  • 冬-「セイウチのヒゲ」と「ゾウの足」
  • 春-春、ふたたび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島飯舘村の四季
著作者等 ウガヤ ヒロミチ
烏賀陽 弘道
書名ヨミ フクシマ イイタテムラ ノ シキ
出版元 双葉社
刊行年月 2012.6
ページ数 137p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-575-30425-1
NCID BB10383428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想