NHKさかのぼり日本史 = Tracing Back the History of Japan  10奈良・飛鳥

仁藤 敦史【著】

歴史には時代の流れを決定づけたターニングポイントがあり、それが起こった原因を探っていくことで「日本が来た道」が見えてくる。豪族集団の「倭国」から、天皇中心の律令国家「日本」へ-752年→672年→663年→603年の時代の指導者の姿に"国づくり"の原点を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聖武天皇大仏開眼への道-752年(天平勝宝4年)(「動く都」から「動かない都」へ
  • 聖武天皇とその時代
  • 平常遷都の最大の目的とは
  • 太極殿と大安殿
  • 謀反、疫病、社会不安
  • 恭仁遷都に託した二つの思い
  • 「仏教」で人心をまとめる
  • 仏都・平城京の完成)
  • 第2章 「天皇」の都誕生-672年(天武元年)("わが国初"の「天皇」
  • 古代最大の王位継承争い
  • 硬軟織り交ぜた戦略
  • 「動かない都」の嚆矢)
  • 第3章 白村江の戦い危機が生んだ大改革-663年(天智2年)(非常時の都
  • 白村江での大敗北
  • 中大兄皇子と乙巳の変の真相
  • 真の敗因は「遅れた政治」
  • 官僚の誕生
  • 大津宮がもたらした波及効果)
  • 第4章 "日出づる処の天子"の都-603年(推古11年)(「外圧」による目覚めの先例
  • 飛鳥の女帝の誕生
  • 「宮」から「都」へ
  • こうして「国家」の意識が目覚めた
  • 古代王権による遷都から学ぶこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHKさかのぼり日本史 = Tracing Back the History of Japan
著作者等 仁藤 敦史
書名ヨミ エヌエイチケー サカノボリ ニホンシ
書名別名 "都"がつくる古代国家

Tracing Back the History of Japan

Enueichike sakanobori nihonshi
巻冊次 10奈良・飛鳥
出版元 NHK
刊行年月 2012.6
ページ数 123p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081494-9
NCID BB09542014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"都"がつくる古代国家 仁藤敦史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想