日本はなぜ開戦に踏み切ったか : 「両論併記」と「非決定」

森山優 著

第三次近衛内閣から東条内閣まで、大日本帝国の対外軍事方針である「国策」をめぐり、陸海軍省、参謀本部、軍令部、外務省の首脳らは戦争と外交という二つの選択肢の間を揺れ動いた。それぞれに都合よい案を条文に併記しつつ決定を先送りして、結果的に対米英蘭戦を採択した意思決定過程をたどり、日本型政治システムの致命的欠陥を鋭く指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の政策決定システム
  • 第2章 昭和一六年九月の選択
  • 第3章 なぜ近衛は内閣を投げ出したか
  • 第4章 東条内閣と国策再検討
  • 第5章 対米交渉案成立と外交交渉期限
  • 第6章 甲案と乙案
  • 第7章 乙案による交渉
  • 第8章 ハル・ノート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本はなぜ開戦に踏み切ったか : 「両論併記」と「非決定」
著作者等 森山 優
書名ヨミ ニホン ワ ナゼ カイセン ニ フミキッタカ : リョウロン ヘイキ ト ヒケッテイ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2012.6
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603710-8
NCID BB09525004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想