改造の血祭

真鍋儀十 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 新舊思想の挟撃に遭へる普通選擧
  • 〔一〕 外來思想と日本の改造 / 1
  • 〔二〕 議會を否認するものの正體 / 4
  • 〔三〕 捨鉢氣分に助成された直接行動 / 7
  • 〔四〕 外來思想とは眞赤な虚言 / 10
  • 〔五〕 此の不敬事件を如何 / 13
  • 〔六〕 罵るものを罵らしめ怖るるものを怖れしめよ / 16
  • 政府の寵兒(貴族富豪)と繼兒(一般民衆)
  • 〔一〕 彼等に政治を一任したりとすれば如何 / 19
  • 〔二〕 上厚下薄の看板の立派さ / 21
  • 〔三〕 徹頭徹尾御無理御尤 / 25
  • 〔四〕 政府とは資本家を擁護する×× / 28
  • 〔五〕 パンを與へよ然らずんば死 / 31
  • 〔六〕 大臣の言何ぞ大膽なる / 35
  • 干渉主義の矛盾と高壓政策の失敗
  • 〔一〕 白畫公然と騒擾し得るもの / 38
  • 〔二〕 過激思想を醸成せしめた張本 / 42
  • 〔三〕 羅馬は財貨を積んで滅亡した / 44
  • 支配する四分とせらるる九割六分
  • 〔一〕 立憲國が眞か專制國が眞か / 47
  • 〔二〕 兄弟墻に鬩ぐの不祥事 / 50
  • 〔三〕 此の間に潜まる奇怪なる事實 / 52
  • 〔四〕 參政權は土地所有者の報酬ではない / 55
  • 〔五〕 無智無能者によって安泰幸福な國家 / 57
  • 反對せんが爲めの反對と詭辯の陷穽
  • 〔一〕 日本は今二途の分岐點に立つ / 60
  • 〔二〕 ペテン内閣の巧妙なる論理 / 63
  • 〔三〕 國民は痲痺の切らし損 / 66
  • 〔四〕 日本にも斯くの如き低級なる選良あり / 69
  • 〔五〕 明論に非ずして迷論なり / 71

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 改造の血祭
著作者等 真鍋 儀十
書名ヨミ カイゾウ ノ チマツリ
書名別名 Kaizo no chimatsuri
出版元 星風堂
刊行年月 大正11
版表示 5版
ページ数 75p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42003701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想