みじめなんかじゃない毅然として生きる : 障害とはなんなのだろう

ライナー シュミット 著 ; オルセン昌子 訳 ; 榊原洋一 監修

両腕や右足に障害がある著者が体験談を交えて語る障害についての真摯な考え。卓球選手として世界の舞台に25年間出場し続け、多数のメダルを獲得した自分の身体や障害への考え方は冷静で客観的、また明るく前向きで読む者に勇気を与える。柔らかく語られる子どものころの出来事には胸が温かくなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自己紹介(最初に一番大事なこと
  • 僕の物語)
  • 1章 障害とは本当はどういう意味か?(「障害」とは何だろう
  • 社会の中で人は障害者になる ほか)
  • 2章 障害と神への信仰(初めに知っていただきたいこと
  • 神は障害のある人間を望んでいるのだろうか)
  • 3章 僕たちの社会における障害(どんな人間が望ましいか
  • 両親に決定するプレッシャーがかかる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みじめなんかじゃない毅然として生きる : 障害とはなんなのだろう
著作者等 Olsen, Masako
Schmidt, Rainer
オルセン 昌子
榊原 洋一
シュミット ライナー
書名ヨミ ミジメ ナンカ ジャ ナイ キゼン ト シテ イキル : ショウガイ トワ ナンナノダロウ
書名別名 LIEBER ARM AB ALS ARM DRAN
シリーズ名 学研のヒューマンケアブックス
出版元 学研マーケティング
学研教育
刊行年月 2012.7
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-05-404870-6
NCID BB09660145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想