自分のことをしゃべりすぎる若者たち

杉浦由美子 著

なぜ、彼らはどーでもいいことをしゃべり続けるのか。就活、婚活、フェイスブック、ツイッター…やりすぎ自己PRで墓穴を掘らないために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 しゃべりすぎて失敗する場面-タイプ別自己PR願望(気配りしすぎて地雷を踏む
  • 効率主義を信じすぎる人 ほか)
  • 第2章 しゃべりすぎる環境の拡張(芸能人が夜遊びを自粛した理由
  • 特権階級という錯覚 ほか)
  • 第3章 「自分のプロモーション」はしないのが勝ち(魔性のツイッター
  • 「ネガティブチェック」の時代 ほか)
  • 第4章 ネット弁慶の立ち往生("ネットどっぷり"の内輪ネタ
  • 「社交性」と「社会性」 ほか)
  • 第5章 沈黙に勝つ方法(女性はSNSを好む
  • 沈黙を恐れる女性たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分のことをしゃべりすぎる若者たち
著作者等 杉浦 由美子
書名ヨミ ジブン ノ コト オ シャベリスギル ワカモノタチ
書名別名 Jibun no koto o shaberisugiru wakamonotachi
シリーズ名 講談社+α新書 589-1B
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 178p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272761-7
NCID BB09610704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想