トコトンやさしいプリント配線板の本

髙木清 著

プリント配線板は電子機器の基板であり、その上に無数の電子部品を搭載する板のこと。板といっても重要な部品のひとつで、表面に微細な回路が組み込まれ、内部は何層にもなっている。本書では、電子機器の特性を決めているこの最重要部品について、材料や特性、プロセス、信頼性などをわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電子機器の実装とプリント配線板
  • 第2章 プリント配線板を構成するものは
  • 第3章 プリント配線板の種類と特性
  • 第4章 プリント配線板はこうして作られる
  • 第5章 プリント配線板製造のための要素技術(パターン作成)
  • 第6章 プリント配線板の多層化
  • 第7章 プリント配線板のキープロセス(めっきとビルドアップ)
  • 第8章 プリント配線板の新展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トコトンやさしいプリント配線板の本
著作者等 高木 清
書名ヨミ トコトン ヤサシイ プリント ハイセンバン ノ ホン
書名別名 Tokoton yasashi purinto haisenban no hon
シリーズ名 今日からモノ知りシリーズ
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2012.6
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-06901-7
NCID BB09457378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想