国定忠次

西尾麟慶 講演

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一席 國定忠次生立の事並に忠次親孝行の事 / 2
  • 第二席 忠次大天狗額太郞に逢ふ事並に忠次繼母の不義を知る事 / 13
  • 第三席 忠次實父の仇蝮の仁藏を討取る事並に堂々村紋治より跡目を譲らるる事 / 25
  • 第四席 忠次劍術修業の事並に忠次額太郞の難を救ふ事 / 37
  • 第五席 忠次島の伊三郞の罠に掛る事並に三河屋房次郞忠次を助ける事 / 48
  • 第六席 島村國定兩身内喧嘩の事並に伊三郞乾分忠次の賭場を荒す事 / 58
  • 第七席 忠次伊三郞を討取る事並に鬼の大八伊三郞方へ來たる事 / 71
  • 第八席 忠次日光にて喧嘩仲裁の事並に忠次召捕らるる事 / 82
  • 第九席 上州農民饑饉に苦しむ事並に呑龍上人由來の事 / 92
  • 第十席 呑龍上人善林吉彌を助ける事並に上人の高德諸人歸依の事 / 103
  • 第十一席 忠次飛脚を殺し三千兩を奪ふ事並に忠次貧民救助の事 / 114
  • 第十二席 忠次乾分と共に赤城山へ楯籠る事並に忠次孝子才助母子を救ふ事 / 125
  • 第十三席 忠次代官松井軍兵衞を殺害の事並に仲間定助生埋めの事 / 136
  • 第十四席 忠次役人に取卷かれて危難の事並に板割の淺太郞叔父を殺害する事 / 147
  • 第十五席 淺太郞忠次の疑念を解く事並に忠次召捕の役人赤城山へ向ふ事 / 161
  • 第十六席 忠次加部安左衞門へ身を寄する事並に忠次伊三郞の身内を討取る事 / 170
  • 第十七席 忠次信州へ國越えの事並に百姓喜右衞門を助ける事 / 181
  • 第十八席 忠次山形屋藤藏に談判の事並に藤藏餘儀なく忠次を待遇す事 / 192
  • 第十九席 忠次小野澤斧右衞門方に病氣の事並に斧右衞門變心忠次を討取らんとする事 / 203
  • 第二十席 忠次甲州の猿橋にて危難に逢ふ事並に忠次の乾分藤藏へ仕返しの事 / 214
  • 第二十一席 忠次藤藏の罪を數え嬲殺しの事並に上の原の仙右衞門忠次へ好意の事 / 226
  • 第二十二席 小川の丑五郞忠次を討たんとする事並に忠次丑五郞を殺害する事 / 237
  • 第二十三席 忠次丸屋忠吉の世話になる事並に忠次越後長岡在石内綱助を尋ねる事 / 247
  • 第二十四席 忠次塚本源右衞門の番頭となる事並に忠次詐欺賭博を見破る事 / 258
  • 第二十五席 鷲津の音藏忠次の舊惡を役人に密告の事並に忠次源右衞門へ素性を明かす事 / 267
  • 第二十六席 忠次長岡にて召捕らるる事並に音藏牢死の事 / 277
  • 第二十七席 忠次江戸表へ護送の事並に乾分一同軍鷄籠を奪ふ事 / 288
  • 第二十八席 忠次お釋迦の源次に助けらるる事並に野々村宗兵衞忠次を召捕らんとする事 / 300
  • 第二十九席 忠次樹隱の霧太郞に逢ふ事並に忠次霧太郞に隱匿はるる事 / 311
  • 第三十席 源次宗兵衞に殺さるる事並に忠次の乾分宗兵衞宅へ暴れ込む事 / 323
  • 第三十一席 忠次伊勢路にて小金井小次郞と邂逅の事並に忠次の剛膽小次郞を驚かす事 / 334
  • 第三十二席 忠次一里塚の作藏を懲らす事並に伏見稻荷の祭禮間違の事 / 346
  • 第三十三席 忠次橋本の菊藏と掛合の事並に菊藏忠次の素性を探る事 / 356
  • 第三十四席 成塚の三代太郞梶田屋源五郞を殺す事並に船頭喜左衞門忠次を伊豆へ送る事 / 366
  • 第三十五席 笹川の繁藏國越えの事並に上州の友太松屋久藏の密事を聞取る事 / 377
  • 第三十六席 勢力富五郞松屋久藏を討取る事並に忠次富五郞へ助勢を約する事 / 386
  • 第三十七席 繁藏飯岡助五郎と和解の事並に繁藏成田の其藏を懲らしめる事 / 398
  • 第三十八席 甚藏繁藏を暗殺する事並に伊達の常吉富五郞へ厚意の事 / 410
  • 第三十九席 富五郞奥州の加勢を得る事並に清瀧村の佐吉挨拶不出來の事 / 422
  • 第四十席 富五郞妻子に暇乞ひの事並に富五郞間者の罠に掛らんとする事 / 434
  • 第四十一席 猿猴の傅次富五郞へ助勢の事並に富五郞助五郞宅へ斬込む事 / 446
  • 第四十二席 泉村の島吉富五郞を説得する事並に忠次富五郞へ助勢せんとする事 / 456
  • 第四十三席 日光の圓藏召捕らるる事並に忠次の乾分圓藏を救ふ事 / 467
  • 第四十四席 忠次病中召捕らるる事並に忠次の妾お照不義の事 / 478
  • 第四十五席 忠次江戸表へ送らるる事並に忠次お處刑の事 / 488

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国定忠次
著作者等 小金井 蘆洲
西尾 麟慶
小林 東次郎
書名ヨミ クニサダ チュウジ
シリーズ名 長篇講談 ; 第19編
出版元 博文館
刊行年月 大正6
ページ数 496p
大きさ 19cm
NCID BB21840747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42003327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想