現代国家と行政法学の課題 = Modern State and Administrative Law : 新自由主義・国家・法

晴山一穂 著

日本社会の閉塞状況を打開、日本国憲法の定める国民主権と基本的人権の保障を真に定着させるためには、新自由主義路線と決別し、国民の権利と福利を実現するために果たすべき国家・公共部門の役割を復権させることが不可避の課題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新自由主義的国家再編と民主的改革の課題(新自由主義的国家再編の現段階
  • 新自由主義的国家再編と民主主義法学の課題)
  • 第2部 中央・地方の国家再編の内容(新自由主義的行政改革の現状
  • 中央省庁政策と国家行政組織の再編
  • 地方分権改革と国家行政組織の再編
  • 地域主権改革と国家・自治体の役割)
  • 第3部 「官から民へ」と民間化の法的限界(「官から民へ」論と公共の役割
  • 公務の縮小・民間化とその法的限界
  • 民間化の限界と官民の協働関係)
  • 第4部 国家の役割と公共性論(いま、国家の役割をどう考えるか
  • 公共性概念の理論的考察
  • いま、"公務の公共性破壊"をどう考えるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代国家と行政法学の課題 = Modern State and Administrative Law : 新自由主義・国家・法
著作者等 晴山 一穂
書名ヨミ ゲンダイ コッカ ト ギョウセイホウガク ノ カダイ : シン ジユウ シュギ コッカ ホウ
書名別名 Modern State and Administrative Law

Gendai kokka to gyoseihogaku no kadai
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.6
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51908-4
NCID BB09494090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想