電通と原発報道 : 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ

本間龍 著

完全独占企業が莫大な宣伝広告費をメディアに投じている理由はなにか。博報堂の元社員が実体験と統計資料をもとに、巨大広告主、大手広告代理店、メディアの強固な絆を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コントロールされるメディア(何を「代理」しているのか
  • 穏便な扱いを「暗に要請」 ほか)
  • 第2章 電通と博報堂(「鬼十則」vs.「粒ちがい」
  • 「メイン」の威力 ほか)
  • 第3章 クライアントへの滅私奉公(「広告屋ふぜいが何をいうか!」
  • 扱い金額を背景にした代理店イジメ ほか)
  • 第4章 経済原理と報道(立ちはだかる「電通の壁」
  • テレビ局の母 ほか)
  • 第5章 崩壊する支配構造(四媒体の急速沈降
  • 高待遇社員が陥る負のサイクル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電通と原発報道 : 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ
著作者等 本間 龍
書名ヨミ デンツウ ト ゲンパツ ホウドウ : キョダイ コウコクヌシ ト オオテ コウコク ダイリテン ニ ヨル メディア シハイ ノ シクミ
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.6
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1210-5
NCID BB09548790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想