変わりゆくコミュニケーション薄れゆくコミュニティ : メディアと情報化の現在

前納弘武, 岩佐淳一, 内田康人 編著

情報化による社会生活の変化、その意味とは。見え始めた情報社会の本質を、地域における情報化過程にも注目しながら理論と実態の分析の両面から理解していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いま情報社会を語る意味-情報社会論の変遷から
  • 1 コミュニケーションとメディア(情報空間の意味と変容
  • 現代社会と口コミ
  • メディアをめぐるメタファーと物語
  • テレビニュースの娯楽化とキャスターの語る行為
  • インターネットの普及とニュースの受容-ニュースを「読む」という行為の現在)
  • 2 コミュニティとメディア(つながりあえる社会の構造と論理-メディア・コミュニティの理論的整理と現状
  • 地域と放送メディア
  • 市民メディアとしての地域メディア-ソーシャルキャピタル論の視角から
  • 島しょ社会と情報化-沖縄県大東島の事例から
  • 都市高齢者の孤立と孤独死-情報ネットワークの制度化に向けて)
  • 3 情報社会のゆくえ(ポストモダン映画と映画鑑賞様式の変容
  • うらみ・つらみ・ねたみ・そねみ-後期近代におけるルサンチマンとバッシング
  • 情報公共圏と現代日本-「ポストモダン」時代の市民意識を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変わりゆくコミュニケーション薄れゆくコミュニティ : メディアと情報化の現在
著作者等 内田 康人
前納 弘武
岩佐 淳一
書名ヨミ カワリユク コミュニケーション ウスレユク コミュニティ : メディア ト ジョウホウカ ノ ゲンザイ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.6
ページ数 295p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06082-5
NCID BB09529253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想