国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える : 働き方改革の実現と政策課題

武石恵美子 編著

ワーク・ライフ・バランスと働き方の現状について実証的な分析を行い、諸外国の取組を考察しながら、今後の方向性を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ワーク・ライフ・バランス実現の課題と研究の視座
  • 第1部 日本のワーク・ライフ・バランスの課題(ワーク・ライフ・バランス施策と企業の生産性
  • 長時間労働と日本的雇用慣行-労働需要行動からみた日本人の働き方
  • ワーク・ライフ・バランス施策が効果的に機能する人事管理
  • 労働時間と満足度-日英独の比較研究
  • ワーク・ライフ・バランスを実現する職場マネジメント)
  • 第2部 国際比較分析(アメリカにおけるワーク・ライフ・バランス
  • イギリスにおけるワーク・ライフ・バランス
  • オランダにおけるワーク・ライフ・バランス-労働時間と就業場所の選択の自由
  • スウェーデンにおけるワーク・ライフ・バランス-柔軟性と自律性のある働き方の実践)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える : 働き方改革の実現と政策課題
著作者等 武石 恵美子
書名ヨミ コクサイ ヒカク ノ シテン カラ ニホン ノ ワーク ライフ バランス オ カンガエル : ハタラキカタ カイカク ノ ジツゲン ト セイサク カダイ
書名別名 Kokusai hikaku no shiten kara nihon no waku raifu baransu o kangaeru
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.6
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06340-6
NCID BB09448195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想