九十九怪談  第3夜

木原浩勝 著

家の裏にある広い竹林。子供の頃のある春の日、Hさんはそこに白い浴衣を着た女性が立っているのを見かけた。他の人には見えないその女性を、Hさんはそれから15年もの間、目撃し続ける。そして16年目の春、なぜかその女性は姿を見せなかった。そのかわり、家の畳の上に現れたものは…。大ベストセラー「新耳袋」の木原浩勝が贈る現代百物語の新シリーズ、あなたを恐怖の虜にする第3弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 借り
  • お礼
  • 閉店後
  • 夜間走行
  • 赤い軽自動車
  • 路地
  • 再会
  • 肝試し
  • トンネル
  • 自転車〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 九十九怪談
著作者等 木原 浩勝
書名ヨミ ツクモ カイダン
シリーズ名 角川文庫 き27-13
巻冊次 第3夜
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.6
ページ数 245p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100331-2
NCID BB02522165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想