労働関係訴訟の実務

白石哲 編著

裁判官が実務上重要な30の論点について労働者側、使用者側双方の主張立証の留意点を分かりやすく解説。法曹実務家必携の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 労働者性
  • 使用者性
  • 年次有給休暇と時季変更権の行使
  • 実労働時間の認定・評価・判断に関する諸問題
  • 変形労働時間・フレックスタイム制と時間外手当
  • 事業場外労働・裁量労働と時間外手当
  • 固定残業代と割増賃金請求
  • 管理監督者、機密事務取扱者、監視・継続的労働従事者
  • 就業規則の不利益変更
  • 降格・降級の有効性〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働関係訴訟の実務
著作者等 白石 哲
書名ヨミ ロウドウ カンケイ ソショウ ノ ジツム
シリーズ名 裁判実務シリーズ 1
出版元 商事法務
刊行年月 2012.6
ページ数 13,539p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1988-3
NCID BB09587624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想