若松孝二11.25自決の日 : 三島由紀夫と若者たち

若松孝二 監修

三島は何を信じたのか。あるいは何を信じたかったのか。最後の絶叫の瞬間、彼の瞳は何を見つめていたのか。鬼才・若松孝二が、人間・三島と若者たちの魂の軌跡を追った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遺言
  • 寄稿「三島由紀夫とその時代‐回顧のためにではなく」(菅孝行)
  • 井浦新インタビュー「徹底的にそぎ落とした後に残ったのは台本の一語一語と自分の感覚」
  • 寄稿「三島由紀夫・観念的な死」(松本健一)
  • 満島真之介インタビュー「敬愛する三島先生の背後で自決を見守るその瞬間に込めた人生初の反抗心」
  • 寄稿「三島由紀夫における肉体と死」(佐藤信)
  • 元・楯の会班長インタビュー「なぜ、俺はここで飯を食っているのだ なぜ、先生と一緒にあの場所にいないのだ」(本多清)
  • 寄稿「四十二年目の奇蹟」(鈴木邦男)
  • 辞世の句
  • 寄稿「人間三島由紀夫のドキュメント」(田原総一朗)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若松孝二11.25自決の日 : 三島由紀夫と若者たち
著作者等 若松 孝二
書名ヨミ ワカマツ コウジ イチイチ ニゴ ジケツ ノ ヒ : ミシマ ユキオ ト ワカモノタチ
書名別名 Wakamatsu koji ichichi nigo jiketsu no hi
出版元 游学社
刊行年月 2012.6
ページ数 128p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-904827-10-9
NCID BB10333146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想