イスラエルとは何か

ヤコヴ・M.ラブキン 著 ; 菅野賢治 訳

近代国家主義の権化たるシオニズムによって建国されたイスラエルは、正統的なユダヤ教徒たちの国ではない。欧米主導で形成された虚構の歴史を、"ディアスポラ"の歴史学者が明快に説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今日のイスラエル
  • 第2章 ヨーロッパのユダヤ教徒とユダヤ人-平等と絶滅のはざまで
  • 第3章 シオニズムのキリスト教的起源
  • 第4章 シオニズムの企図
  • 第5章 シオニスト国家の形成と維持
  • 第6章 ユダヤ教の伝統にとって"イスラエルの地"が意味するもの
  • 第7章 ナチスによるジェノサイド、その記憶と教訓
  • 第8章 シオニズムに対するユダヤ世界内部からの抵抗
  • 第9章 変貌するイスラエル社会とユダヤ共同体
  • 第10章 国際的視点から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラエルとは何か
著作者等 Rabkin, Yakov M
菅野 賢治
ラブキン ヤコヴ・M.
書名ヨミ イスラエル トワ ナニカ
シリーズ名 平凡社新書 643
出版元 平凡社
刊行年月 2012.6
ページ数 332p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85643-9
NCID BB09449303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想