教育基本法の社会史 = A Social History of Fundamental Education Law

副田義也 著

教育の政治からの独立を目指し、戦後日本の精神的支柱となった教育基本法。2006年に「全部改正」された今、その理念と限界からなにを学ぶべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「教育基本法」の五つの源泉(大学の自治の思想
  • 学問の自由の思想
  • 亡国の希求-矢内原忠雄
  • 田中法学
  • 南原政治哲学)
  • 第2章 「教育基本法」の制定(「教育改革私見」
  • 二つの報告書
  • 「日本国憲法」のマッカーサー草案
  • 「日本国憲法」の教育思想
  • 「教育基本法要綱案」
  • 天皇論の応酬)
  • 第3章 「教育基本法」の本文解釈(「前文」
  • もうひとつの「前文」案
  • 教育の目的
  • 教育の方針
  • 教育の機会均等
  • 義務教育
  • 男女共学
  • 学校教育
  • 社会教育
  • 政治教育
  • 宗教教育
  • 教育行政)
  • 第4章 「教育基本法」をめぐる諸思想の葛藤(「教育勅語」憧憬
  • 「国民実践要領」
  • 「教師の倫理綱領」
  • 教育権の独立
  • 「教育基本法」から教育二法へ
  • 「教育基本法」再検討
  • 「期待される人間像」
  • 学力テスト裁判と「教育基本法」
  • 教科書裁判と「教育基本法」
  • 臨時教育審議会によえう「教育基本法」の解釈改正
  • 「教育勅語」無残
  • 日の丸・君が代裁判と「教育基本法」)
  • 第5章 大学紛争、筑波大学と「教育基本法」(大学紛争
  • 筑波大学の構想をめぐる葛藤
  • 筑波大学という経験
  • 副学長あいさつ
  • 外国人留学生たちとの出会い
  • 外国人の子どもの教育)
  • 附章 「教育基本法」の改定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育基本法の社会史 = A Social History of Fundamental Education Law
著作者等 副田 義也
書名ヨミ キョウイク キホンホウ ノ シャカイシ
書名別名 A Social History of Fundamental Education Law
シリーズ名 教育基本法
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2012.6
ページ数 353,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8420-6582-3
NCID BB0949394X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想