ウィリアム・モリスのマルクス主義 : アーツ&クラフツ運動を支えた思想

大内秀明 著

工芸デザイナーとして著名なウィリアム・モリスは、マルクス主義者を自認する社会運動家でもあった。『資本論』の精緻な読みに支えられたその思想は、エンゲルスやレーニンを超えて、現代社会の変革への可能性を秘めている。マルクスの正統な後継者、モリスが到達した思想-。"コミュニティ社会主義"の全貌を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま、なぜウィリアム・モリスなのか
  • 第1章 モリスとアーツ&クラフツ運動(世界で一番美しい村、イギリスのコッツウォルズ-モリスの自然と思想
  • ヴィクトリア&アルバート博物館のグリーン・ダイニングルーム-モリスの芸術思想
  • 「芸術は労働における人間の喜びの表現である」)
  • 第2章 モリスとマルクス、エンゲルス(モリスが熟読した『資本論』-モリスとマルクスの接点を探る
  • マルクス、エンゲルスとレーニン主義-パリ・コンミュンとプロレタリア独裁
  • モルガン『古代社会』とマルクスのザスーリチへの手紙
  • 藻リスの『資本論』解説)
  • 第3章 モリスの社会主義論-共同体主義への道(『ユートピアだより:いこいの一時代-ユートピアン・ロマンスの章』
  • "News from Nowhere"の意味するもの
  • モリスの"共同体社会主義")
  • 第4章 現代に甦るモリスの"共同体社会主義"-東日本大震災と近代文明の大転換(近代文明批判の先駆者、モリスと宮沢賢治
  • 瓦礫の山と職人の復権
  • 無縁社会を克服する"共同体社会主義")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィリアム・モリスのマルクス主義 : アーツ&クラフツ運動を支えた思想
著作者等 大内 秀明
書名ヨミ ウィリアム モリス ノ マルクス シュギ : アーツ アンド クラフツ ウンドウ オ ササエタ シソウ
シリーズ名 平凡社新書 645
出版元 平凡社
刊行年月 2012.6
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85645-3
NCID BB0943108X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想