獄中哀歌

加藤介春 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 獄中哀歌 / 1-48
  • 序 蜜蜂の王 / 3
  • その一 朝の自由散歩 / 5
  • その二 盲目囚人 / 8
  • その三 眠れる蜘蛛 / 11
  • その四 赤き夕の悲哀 / 13
  • その五 眠くなき夜 / 16
  • その六 暗室 / 19
  • その七 辨當 / 22
  • その八 獨居監にて / 24
  • その九 鳴る鍵の束 / 26
  • その十 弱き心 / 29
  • その十一 降り來る煤 / 31
  • その十二 たたずめる花 / 34
  • その十三 延びたる爪 / 37
  • その十四 蠅 / 40
  • その十五 雨の監房 / 43
  • その十六 心の輪 / 46
  • 蜘蛛 / 49-112
  • 慰籍 / 113-166
  • 赤き日 / 167-237
  • 鳴らぬ笛 / 169
  • 眼 / 172
  • 柳の下 / 175
  • 流るる砂 / 177
  • 芽 / 180
  • 揺るる階段 / 182
  • 小供の頃 / 185
  • 眠れる嬰兒 / 187
  • 淋しき野の如きものなり / 190
  • 春の夜 / 193
  • 花の亡靈 / 196
  • 啼かぬ小鳥 / 199
  • 第二の心 / 202
  • 小鳥と赤き夕日 / 204
  • 路上所感 / 206
  • 夏の宵 / 208
  • 暗き室の入口にて / 210
  • 夜の白樺 / 212
  • 眠の底へ / 214
  • 日傘 / 217
  • 止れる時計 / 219
  • 銀の煙管 / 212
  • 長き路 / 222
  • 蠅の木伊乃 / 225
  • ピストルの口 / 229
  • 雨の夕 / 232
  • 橋の欄干 / 234
  • 未だ見ぬ夢 / 236
  • 女の歌 / 239-268
  • 死せる眞珠 / 141
  • お照 / 245
  • お座敷へ / 248
  • 銀の鈴と赤い夢 / 250
  • 死せる卵 / 255
  • 水の上 / 258
  • 失せたる櫛 / 260
  • 拔毛の束 / 263
  • 姉 / 267
  • 暗き背景 / 268
  • ほほゑみ / 271
  • 或る夜 / 275
  • 紅色の花の一片 / 274
  • 家出 / 276
  • 病める日 / 279
  • 暗き木立へ / 281

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 獄中哀歌
著作者等 加藤 介春
書名ヨミ ゴクチュウ アイカ
書名別名 Gokuchu aika
出版元 南北社
刊行年月 大正3
ページ数 286p
大きさ 17cm
全国書誌番号
42001637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想