松倉米吉歌集

松倉米吉著 ; 行路詩社同人篇

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 大正八年
  • 簷雨(八首) / 1
  • 病みて(三十六首) / 4
  • 冬ぐもり(二首) / 16
  • 油蝉(十八首) / 17
  • 親なし兒(二首) / 23
  • 朝床(八首) / 24
  • わかれ(七首) / 27
  • 雨ぐもり(一首) / 29
  • ひとり(十七首) / 30
  • 霙(八首) / 36
  • 冬の街(八首) / 39
  • 一月(五首) / 42
  • 郊外(二首) / 44
  • 藥賣(一首) / 44
  • 大正七年
  • 冬の日(十二首) / 45
  • 靜けき夜(二首) / 49
  • 春の街(十七首) / 50
  • 母は死にたまふ(十七首) / 56
  • 悔い(一首) / 61
  • 秋の夜(三首) / 62
  • 大正六年
  • 秋たつ頃(四首) / 63
  • 夕空(一首) / 64
  • 塲末(五首) / 65
  • まひる(十首) / 67
  • 夜仕事(五首) / 71
  • 夕暮(十七首) / 73
  • 朝(七首) / 79
  • ある夜(一首) / 81
  • 冬の街(九首) / 82
  • 父(二首) / 85
  • 凍雪(四首) / 86
  • 兄の結婚を祝す(一首) / 87
  • 山茶花(五首) / 88
  • 一郞を鑛山へ送る(三首) / 90
  • 大正五年
  • 秋睛(五首) / 91
  • 砂塵(十首)
  • 赤(一首)
  • 夕飯(三首) / 93
  • 夏のころ(二首) / 94
  • 病中吟(五首) / 95
  • 雜詠(九首) / 97
  • 飴賣(二首) / 100
  • 夜の雨(六首) / 101
  • 長屋から・其一・(二首) / 103
  • 朝飯(四首) / 104
  • 長屋から・其二・(一首) / 105
  • 日だまり(六首) / 106
  • 長屋から・其三・(二首) / 108
  • 大正四年
  • 嵐のあと(六首) / 109
  • 米吉の書簡(一篇) / 111
  • 夜(四首) / 113
  • 舞子(四首) / 115
  • 朝顏(六首) / 116
  • 米吉の書簡(一篇) / 118
  • 青芝(八首) / 120
  • 貧窮餘録(六首) / 121
  • 米吉の書簡(一篇) / 125
  • 大正三年
  • 乏しき仕事(七首) / 127
  • 林登美子氏へ(四首) / 129
  • 眞鍮粉(六首) / 131
  • 深案(二首) / 133
  • 槌の抦(七首) / 134
  • 機械の音(五首) / 137
  • 一年(五首) / 139
  • 歌會の歌(十首) / 141
  • 米吉の書簡(一篇) / 144

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 松倉米吉歌集
著作者等 松倉 米吉
行路詩社同人
書名ヨミ マツクラ ヨネキチ カシュウ
シリーズ名 アララギ叢書 ; 第12編
出版元 行路詩社
刊行年月 大正9
ページ数 147p
大きさ 19cm
NCID BA60853785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42002162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想