新文明の源流 : 日本洋学の発達

魚澄総五郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 切利支丹禁制
  • 第二章 御禁書の解禁
  • 第三章 青木昆陽の蘭學創始
  • 第四章 前野良澤、杉田玄白の偉業
  • 第五章 蘭學輸入の聲援者
  • 平賀源内
  • 三浦梅園、麻田剛立
  • 林子平、司馬江漢
  • 第六章 蘭學の全盛
  • 大槻立澤の事業
  • 稻村三伯
  • 山村才助、橋本宗吉
  • 宇田川玄随、宇田川玄眞
  • 高橋景保
  • 高島秋帆
  • 第七章 蘭學の發達
  • 佐藤信淵
  • 物理學書開板の濫觴
  • 西洋植物學書、及び化學書著述の嚆矢
  • 生理學書著述の權輿
  • 飯沼慾濟
  • 伊藤圭介
  • 緒方洪菴
  • 第八章 幕末維新の新思想界
  • 第九章 結語
  • 附録
  • 一、 蘭學者略系統
  • ニ、 日本化したる外國語

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新文明の源流 : 日本洋学の発達
著作者等 魚澄 総五郎
書名ヨミ シンブンメイ ノ ゲンリュウ : ニホン ヨウガク ノ ハッタツ
書名別名 Shinbunmei no genryu
シリーズ名 アカギ叢書 ; 第61編
出版元 赤城正蔵
刊行年月 大正3
ページ数 89p (81-88欠)
大きさ 15cm
NCID BN05955196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42001454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想