神の図形 : 「大和比」と「黄金比」生命と宇宙の根源的な謎を解く二つの比率

秋山清 著

究極の比率で作られている法隆寺、ピラミッド、金閣寺、ミロのビーナス…、日本の古代建築の美の原点は「大和比」にあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「古代神秘図形」に秘められた二つの比率とは?
  • 1 古来より究極の美をかたち作る「神の比率」があった!
  • 2 大和比は生命誕生から万物までを支配する究極の比率
  • 3 正多面体は宇宙構造の神秘を解き明かす「神の図形」
  • 4 多面体で検証ケプラー理論は正しかった!
  • 5 結晶学の常識破る未知なる結晶体の存在
  • 6 壮大なる多面体パワーを生活に取り入れよう!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の図形 : 「大和比」と「黄金比」生命と宇宙の根源的な謎を解く二つの比率
著作者等 秋山 清
書名ヨミ カミ ノ ズケイ : ヤマトヒ ト オウゴンヒ セイメイ ト ウチュウ ノ コンゲンテキ ナ ナゾ オ トク フタツ ノ ヒリツ
書名別名 Kami no zukei
出版元 コスモ21
刊行年月 2012.7
版表示 改訂版.
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87795-228-0
NCID BB12973105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想