税務署の裏側 : 元国税調査官が暴く

松嶋洋 著

OBの口利きで見逃された脱税。税金で作った施設で開かれた合コン。恵まれすぎな職場環境。お役所の都合で起こされた裁判-税の番人であるはずの「税務署」のあきれた実態を告発。増税するなら、まず税務署が襟を正せ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 税務調査は不公平(相反する税務調査の理念とイメージ
  • 税務調査の建前 ほか)
  • 第2章 税務署の人事は不公平(充実しすぎている研修制度税務大学校の実態 ほか)
  • 第3章 OB税理士と試験組税理士は不公平(税務調査の三大不正
  • 人間関係で脱税が見逃される ほか)
  • 第4章 税務職員と民間人は不公平(年収1000万円の職場
  • 官費で中トロ食べ放題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税務署の裏側 : 元国税調査官が暴く
著作者等 松嶋 洋
書名ヨミ ゼイムショ ノ ウラガワ : モト コクゼイ チョウサカン ガ アバク
書名別名 Zeimusho no uragawa
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.6
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-492-22319-2
NCID BB09842969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想