呪われた世界地図

怪奇ミステリー研究会 編

ロンドン塔を赤く染めた高貴な血、かつて「ギロチン広場」だったコンコルド広場、エジプトの呪われた「王家の谷」、90分で30人を殺した日本の青年、…ほか、禁断の地の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 怪奇現象にまつわる呪いの真相(パイロットが飛行を拒絶する王家の谷(エジプト)
  • 魔の三角海域バミューダトライアングル(アメリカ近海) ほか)
  • 2章 血で染まった歴史観光地(コンコルド広場はギロチン広場だった(フランス)
  • 闘技場に渦巻く古代ローマ人の怨念(イタリア) ほか)
  • 3章 封印された大量虐殺の地(実在した「ドラキュラ」串刺し伝説の地(ルーマニア)
  • 莫大な人骨とともに眠る秦の始皇帝(中国) ほか)
  • 4章 歴史に秘められた恐ろしい真実(ドイツ国内でのヒトラーの「粛清」(ドイツ)
  • 十字軍がエルサレムに降らせた血の雨(イスラエル) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪われた世界地図
著作者等 怪奇ミステリー研究会
書名ヨミ ノロワレタ セカイ チズ
出版元 彩図社
刊行年月 2012.7
ページ数 219p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-88392-853-8
全国書誌番号
22130529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想