もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助 : 企業の真価は二代目で決まる!

河合敦 著

三菱の創業者として初代社長の岩崎弥太郎は有名だが、その後を継いだ二代目・弥之助の業績はほとんど世に知られていない。しかし、実は三菱財閥・三菱グループの基礎を築いたのは、この弥之助だったのだ。初代社長ほどのカリスマ性はないが、頭脳明晰・冷静沈着な弥之助は、三菱の危機を救い、さらに発展させることに成功する。本書では、岩崎弥之助の生き方や経営手腕を、余すところなく伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 この二代目なくして三菱なし、岩崎弥之助(弥之助、誕生
  • 兄・弥太郎と違い温和な性格
  • 母の教え
  • 弟の教育に熱心だった弥太郎
  • 弥之助、アメリカに留学す
  • 後藤象二郎の娘と婚約
  • 兄からの手紙
  • 弥之助の帰国)
  • 第2章 兄・弥太郎との二人三脚で経験した天国と地獄(台湾出兵によって三菱飛翔す
  • 兄から叩き込まれた金銭哲学
  • 政商・三菱への道
  • 高島炭鉱の購入
  • 伊藤博文の策謀
  • 岩崎弥之助の意見書
  • 共同運輸との死闘
  • 岩崎弥太郎の死
  • 共同運輸との和解、そして再戦
  • 極秘のトップ会談
  • 国家のため汽船会社を廃業す)
  • 第3章 寡占から多角へ-巨大財閥への道(弥之助、三菱を再興す
  • 社長独裁を継承
  • 鉱山事業へシフト
  • 弥之助を支えた人材(1)-川田小一郎
  • 弥之助を支えた人材(2)-荘田平五郎
  • 弥之助を支えた人材(3)-豊川良平
  • 嬉しい誤算だった高島炭鉱と造船所の経営
  • 長崎造船所の経営
  • 日本郵船は再び三菱の手に
  • 丸の内を購入して計画した大事業とは?
  • 日本初のビジネス街をつくり上げる
  • 丸の内の今と昔
  • グループの中核となる銀行業をスタート
  • 倉庫業の将来性に着目
  • 小岩井農場も弥之助にはじまる)
  • 第4章 「紳士の標本」と称された弥之助の人柄(経営者としての弥之助
  • 紳士の標本
  • 弥之助、三菱を禅譲す
  • 政界で活躍する弥之助
  • スパルタ教育をおこなった温厚な弥之助
  • 一族思いの人柄
  • 弥之助の親孝行と先祖への崇敬
  • 英国紳士の気質を日本に
  • 富める者の責任
  • 岩崎弥之助。壮絶な最期を遂げる
  • 弥之助が支えた久弥と三菱の発展
  • 弥之助の子・小弥太の最期)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助 : 企業の真価は二代目で決まる!
著作者等 河合 敦
書名ヨミ モウ ヒトリ ノ ミツビシ ソウギョウシャ イワサキ ヤノスケ : キギョウ ノ シンカ ワ ニダイメ デ キマル
書名別名 Mo hitori no mitsubishi sogyosha iwasaki yanosuke
シリーズ名 ソフトバンク新書 197
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2012.6
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-6713-3
NCID BB09608247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想