東京レスタウロ歴史を活かす建築再生

民岡順朗 著

かつて、レトロブームが一世を風靡した頃、街には「造り物の古さ」があふれました。しかしその影で、「本物の歴史」を持った価値ある建物がいくつも消えていきました。「レスタウロ」とはイタリア語で、「歴史的な価値を損なわずに再生する」こと。東京には、レスタウロで蘇った建築空間の事例が多数あり、いずれも、「新旧対比」が不思議な魅力を醸し出す、癒しのスポットとなっています。本書では、数ある東京の"レスタウロ物件"の中から50を厳選し、オールカラーで紹介していきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 大胆にコンバージョン(SCAI THE BATHHOUSE-老舗の銭湯が現代アートギャラリーに変身
  • 2k540 AKI‐OKA ARTISAN-鉄道高架下を「ものづくりの街」として再生 ほか)
  • 2章 身近な建物を蘇らせる(compound cafe-直階段のある雑居ビルをフレンチ風にレスタウロ
  • base cafe-キャバレーの控え室をオーガニックカフェに ほか)
  • 3章 和の伝統を守り・活かす(なんてんcafe-建築事務所の1階を古民家カフェに改修
  • カヤバ珈琲-大正時代の町家が復活、再び町のシンボルに ほか)
  • 4章 歴史的意匠を継承する(文房堂-ロマネスク風の典雅なファサードを保存
  • 表参道ヒルズ同潤館-旧同潤会青山アパートの記憶を継承 ほか)
  • 5章 テクノロジーで美を支える(自由学園明日館-F.L.ライトの遺産を半解体修理で動態保存
  • 三菱一号館美術館(Caf'e 1894)-J.コンドル設計の煉瓦建築を復元 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京レスタウロ歴史を活かす建築再生
著作者等 民岡 順朗
書名ヨミ トウキョウ レスタウロ レキシ オ イカス ケンチク サイセイ
シリーズ名 ソフトバンク新書 195
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2012.6
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-6875-8
NCID BB09608371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想