犬の日本史 : 人間とともに歩んだ一万年の物語

谷口研語 著

人間に歴史があるなら犬にも歴史がある。縄文犬の登場、記紀神話と白い犬、平安京の犬、中世の犬追物ブーム、南蛮犬の渡来、犬の超能力、狂犬病など、様々なエピソードで綴った、犬と人との一万年に及ぶ交流史を復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本史への犬の登場
  • 第2章 白い犬の幻想
  • 第3章 平安京の犬のいる風景
  • 第4章 犬と中世の武家社会
  • 第5章 海外からやってきた犬
  • 第6章 鷹狩をめぐる犬たちの明暗
  • 第7章 犬公方と江戸の犬
  • 第8章 犬を食う人、人を食う犬
  • 第9章 犬の霊力・呪力・超能力
  • 第10章 狂犬病は犬と人の共通の敵
  • 第11章 消滅しかけた日本の犬の歴史
  • 補論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬の日本史 : 人間とともに歩んだ一万年の物語
著作者等 谷口 研語
書名ヨミ イヌ ノ ニホンシ : ニンゲン ト トモ ニ アユンダ イチマンネン ノ モノガタリ
書名別名 Inu no nihonshi
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.7
版表示 復刊
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06382-1
NCID BB09542841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想