日本文明論への視点 : われら何処より来たり、何処へ往くか

遠藤浩一 編

平成23年度拓殖大学日本文化研究所公開講座。自己拡大を続けていく日本文明の核心にあるものは何か。豪華執筆陣が日本文明の本質を徹底的に検証し、その核心と重層性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本文明論」への視座(田中英道)
  • 第2章 国体と文明-和とまことにおける自己と他者(西尾幹二)
  • 第3章 日本語の哲学へ(長谷川三千子)
  • 第4章 「アジア主義」の超克(古田博司)
  • 第5章 美学と死生観(井尻千男)
  • 第6章 日本文明における「理性」と「自由」(小堀桂一郎)
  • 第7章 日本文明とシナ文明-その接点と境界(北村稔)
  • 第8章 異文化受容の衝動と逆説-自己確認と自己拡大の文明・精神史(遠藤浩一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文明論への視点 : われら何処より来たり、何処へ往くか
著作者等 田中 英道
遠藤 浩一
書名ヨミ ニホン ブンメイロン エノ シテン : ワレラ イズコ ヨリ キタリ イズコ エ イクカ
書名別名 Nihon bunmeiron eno shiten
出版元 展転社
刊行年月 2012.6
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88656-373-6
NCID BB09552040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想