谷川健一全集  7 (沖縄 3)

谷川健一 著

柳田国男の『海上の道』を批判的に継承、発展させ、南からと北からの日琉交流史を描く壮大な海の叙事詩。他界と現世の渚を生きる日本民俗の豊かさを捉える諸編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 甦る海上の道・日本と琉球
  • 太陽の洞窟-琉球の宇宙観
  • あかるい冥府-琉球の他界観
  • 渚の思想
  • 南島へのまなざし
  • 古代日本と琉球
  • 久高島の周辺
  • 海の来訪神-南島を中心に
  • 西から東へ-『古事記』と琉球
  • 沖縄の日本兵
  • 証言の意味するもの
  • 日宋貿易と日琉交易
  • 東アジアのなかの沖縄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 谷川健一全集
著作者等 谷川 健一
書名ヨミ タニガワ ケンイチ ゼンシュウ
書名別名 Tanigawa ken'ichi zenshu
巻冊次 7 (沖縄 3)
出版元 冨山房インターナショナル
刊行年月 2012.6
ページ数 580,27p
大きさ 23cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-905194-39-2
NCID BB09434962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想