岩波講座物理の世界  物質科学の発展2

佐藤文隆, 甘利俊一, 小林俊一, 砂田利一, 福山秀敏 編集委員

摩擦がなければ立つことも歩くこともできないばかりか、食べ物さえ喉を通らない。摩擦は、生命にも文明にも不可欠な物理現象なのに、いまだそのメカニズムは謎のままだ。基礎から最新の原子・分子スケールの摩擦研究までを紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論(摩擦とは
  • 摩擦の法則-アモントン‐クーロンの法則
  • アモントン‐クーロンの法則の適用範囲
  • 摩擦の制御-潤滑
  • 近年の発展-原子・分子スケールの摩擦・トライポロジー)
  • 2 アモントン‐クーロンの法則の成立機構(真実接触面積
  • 速度に依存しない動摩擦力-真実接触点のスティック・スリップ運動)
  • 3 変化する摩擦係数(摩擦の速度・待機時間依存性
  • 摩擦の構成則
  • アスペリティのクリープ運動
  • 真実接触面積の待機時間依存性
  • 地震と動摩擦力の速度依存性)
  • 4 原子・分子スケールからの摩擦(摩擦力顕微鏡と摩擦の制御
  • 真実接触点の形成、変形、破壊を見る
  • 表面力測定装置と水晶マイクロバランス法
  • 摩擦力の角度依存性-超潤滑
  • 原子スケールの摩擦のモデル)
  • 5 最近の発展と問題-再びアモントン‐クーロンの法則(ミクロなスリップとマクロな滑り
  • 新しいアモントン‐クーロンの法則の機構)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座物理の世界
著作者等 佐藤 文隆
小林 俊一
松川 宏
甘利 俊一
書名ヨミ イワナミ コウザ ブツリ ノ セカイ
書名別名 摩擦の物理
巻冊次 物質科学の発展2
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 116p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-011138-6
NCID BB09438511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
摩擦の物理 松川宏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想